第二の歯とは一体

医療用照明

インプラントとは、歯を失った場合の第二の永久歯になると注目されている歯科治療法です。このインプラントは、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に天然の歯をかぶせる治療です。人工歯根を骨にしっかり定着させるため、自分の歯のように使うことができます。 インプラントが優れているところは、一度治療をすると長きに亘って使用できることです。統計では、治療後10年以上でインプラントが残存している確率は96パーセント以上であることが判っています。 このように、インプラントは歯を失った時の治療としてとても有効です。ですが、インプランを扱う歯科クリニックが増える一方で、トラブルも増加しています。そもそもインプラントとは、外科手術を伴う非常に難しい治療です。なので、トラブルを防ぐには、高度な技術と経験がある歯医者を選ぶ必要があります。

インプラントは、あごの骨に人工歯根を埋め込む歯科手術です。そのため、人工歯根を埋め込んで安定させるには、あごの骨が十分丈夫でないといけません。インプラントが安定するには、あごの骨の高さが10mm以上、幅が3、4mm必要となります。 もしも、あごの骨が基準に満たない場合は、骨の厚みや高さを造る骨誘導再生治療を受ける必要があります。この骨誘導再生歯科治療とは、まず歯ぐきの下に顎の形に合わせて人工の膜を造ります。そして、その下に骨補填材を入れていく施術です。その後、骨補填材に血管ができて血が流れ、骨が再生するのを待ちます。これで、人工のあごの骨が完成します。骨の大きさにもよりますが、人工の骨を造るのにおおよそ3ヶ月から6ヶ月かかります。